眠れないという悩みを解決できる|睡眠障害を相談してみよう

最新記事一覧

小さい子供にも関係する

看護師

睡眠障害専門医師によってカウンセリングが行われ、検査結果によっては口腔内装置を付けるなど、睡眠障害とは一見してかけ離れている治療を提案する動きが話題を集めています。病院では、睡眠との関係性の高い無呼吸症候群に対し、対応策として歯科治療も提案しています。

» 詳細

不眠が続いているときは

居眠りする女性

睡眠障害には睡眠時無呼吸症候群のような病気によるものもありますが、そのほかに精神的な原因で起こる睡眠障害もあります。寝つきが甚だしく悪くなったり、熟睡できなくなったりして1ヶ月以上経過しているような場合には、心療内科や精神科などの病院で診療を受けるのが望ましいといえます。

» 詳細

不眠症だけではない

女の人

睡眠障害は不眠症だけではなく、無呼吸症候群やナルコレプシーなどの過眠症があります。なかなか眠れない不眠症や睡眠時無呼吸症候群は疲れが取れにくく、仕事や生活に支障が出てきます。その逆の過眠症も強い睡魔で生活に支障が出ます。症状と照らしあわせて専門病院の診察を受けるようにしましょう。

» 詳細

睡眠に関する治療

女医

睡眠障害の治療薬を服用する場合には、薬の作用に注意をします。高齢者や飲酒の習慣がある方は特に要注意です。最近の病院では、多くの場合生活を整えるアドバイスが行なわれます。今後は体のリズムを整えることが、睡眠障害を改善する一つの方法と認識されていくでしょう。

» 詳細

良い眠りをとれていますか

寝る女性

よく眠れない、眠ったつもりでも疲れがとれないという状態が続いているなら、それは睡眠障害かもしれません。睡眠障害には様々な症状があるので気付かないうちに当てはまっている人もいるでしょう。睡眠を改善するには自力でなく病院で相談して適切なアドバイスを受けることをおすすめします。

» 詳細

現代人に多い障害

睡眠

体内サイクルを調整

精神科や心療内科などの病院において、医療診療の1つには生命の危機もある睡眠時無呼吸症候群をはじめ、鬱などから引き起こされる睡眠障害に関与してくれる魅力があります。近年、睡眠障害専門外来を設ける病院も増加しており、来院する患者の相談件数も右肩上がりに増えています。中でも、概日リズム睡眠障害の診断を受ける患者数が10代から年代問わずに増えており、睡眠と覚醒の時間帯が生活上、望ましい時間帯から極端にズレるなど、睡眠相後退症候群である特徴が挙げられています。ただの時間のズレを調整するだけのアドバイスに留まらず、この障害には全身の倦怠感、立ちくらみなどを生じる症状が現れるのも特徴的で、病院においては、カウンセリングによる生活習慣の是正はもちろんのこと、症状を緩和させられる薬物療法や睡眠導入効果の高い食事療法などを用いる提案が行われています。また、生体時計を調整するためにも重要となる高照度光療法を用いるなど、現代病としての疾患に見合った治療法を指導、指示してくれます。

必要なカウンセリング法

現代病として医療業界でも注目されているのが、概日リズム睡眠障害と呼ばれる疾患で、この現代病に対抗するため、リズムカウンセリングが話題を呼んでいます。概日リズム睡眠障害を疑う要素として、寝坊による遅刻の頻度や昼夜逆転した生活など、ある一定したパターンが存在しているのが特徴です。概日リズム睡眠障害では、体内時計の調節機能が乱れることにより、生活に支障をきたす状態が続き、時として眠気による事故や体調の崩れなどを誘発してしまうため、軽視できない障害と言われ、病院では研究チームによってメカニズムなどが調べられています。緩和できる内容として、光を浴びるタイミングやその方法、生活の立て直しを図ることはもちろん、学校や仕事への復帰に対する道筋などまでも相談できる内容に努める動きが加速しています。また、企業や学校などの施設に出向き、カウンセラーによる相談会や窓口を提供するなど、まだまだ新しい疾患であるため、情報伝達にも力を入れ、予防にも努めた問題解決にも邁進しています。