眠れないという悩みを解決できる|睡眠障害を相談してみよう

小さい子供にも関係する

看護師

小児にも起こる

睡眠障害のメカニズムや病気の原因究明などは、専門病院にとっては新たな治療法の開発にも繋がるため、睡眠学専門の人材によって医療提供に従事してくれています。また、社会における睡眠障害への認識を向上させる動きも視野に入れた取り組みまでもスタートさせています。睡眠に関する研究によって、注意力や集中力などが低下することや、高血圧や代謝異常、さらには生命に関わる心筋梗塞などを発症するリスクは2倍程度に跳ね上がることも情報として報告されている内容です。睡眠障害を軽視している内に、うつ病発症の危険にも繋がるため、睡眠の質に悩む場合には睡眠外来を設ける専門病院を受診することが重要視されています。また、肥満の方をはじめ、成長期である小児など、体型や年齢によっても様々な睡眠障害を引き起こすケースはあり、特に小児は睡眠時無呼吸の発症リスクは高いと指摘されています。病院では、落ち着きがなくなる・学業成績の不振に繋げないため、メンタル面も含めた治療を提案してくれます。

睡眠と口との関係

睡眠障害の原因には様々あり、専門病院では原因となる疾患に対応できる各診療科の医師、さらに心理士が治療提供してくれる魅力があります。例えば、小児の発症リスクも高まっているのが睡眠時無呼吸症候群で、下顎の成長途中の小児には成長を促す治療法が提案されます。歯科医師との連携を図ることにより、口腔内装置を付けた治療法を提供できる考えで、就寝時となる夜に口の中に装着することにより、下顎を前に突き出した状態を保つことができ、狭くなった気道を広げ、睡眠障害を改善させる働きを担ってくれます。1人1人、顎の形状や口腔内の状態も異なるため、専門医による装置製作が必要不可欠です。同時に、いびきなどの対策にも結び付けることができ、軽症から重症化するケースが少ない利点を挙げることもできます。また、肥満児などの遺伝性の体型の小児に対し、まずは痩せることを提案するため、栄養士の知識を持つ医師が携わり、生活習慣を見直し、学校生活に支障が出ない治療と同時進行で睡眠障害にも携わってくれます。